60%生活

より楽に生きるために

ミニマリストって楽だぜ

私がミニマリスト生活を続けられているのは、とにかく楽だからだ 物が少ないから管理する手間がかからないというのもあるし、今あるもので暮らしていけることがわかっているので、何かこうどーんと構えていられる 楽天スーパーセールも良品週間も華麗にスル…

「楽」しすぎも毒

無理せず、肩の力を抜いて楽に生きる それが理想だと分かっていても、みなさん実際はつい頑張りすぎてしまっているんですよね? だから、頑張らなくていいんだよ〜自分の好きなように生きていいんだよ〜と謳っている本がたくさん出版されているのでしょう 「…

ミニマリストは仕方なく?

人はひとつの人生しか生きられない 選択するということは、その他の可能性を捨てているということだ 私がとんでもなくお金持ちだったら、ミニマリストになっていただろうかと考える もし自分が欲しいものを買いたいだけ買える生活を当たり前に送っていたら、…

「正しさ」より「好き」を大事に

全てのことに正解があったらどんなに楽な人生であろうか 「人の数だけ正解がある」なんて言われたらもうお手上げなのだ 学生の頃は、「勉強をして正解(とされるもの)を導き出す」ことが求められ、それができる人は「頭が良い」とされた 私はちょっとだけ頭…

情報は自然と集まってくる

ああブーツが欲しいわと思っている時、街を歩く人の足元をよく見てしまう、というやつ 欲しかったり、興味があったりするものの情報を自然と集めてしまう 我が家には少ないけど必要なものがあって、それが好きか嫌いかイケてるかなんて最近は考えない ミニマ…

魔法使いになる方法

小さな嫌なことが重なって、浮かない気分で仕事から帰ってきた 駅から家に帰る途中、車が横断しようとしていたので立ち止まった 何気なく運転席に視線をやると、おじさんが片手をあげて「どうもね!」みたいにしてくれた なんだかすごく嬉しかった 本を読ん…

器が小さい人が書くブログ

会社のトイレに入ると、ホルダーに芯だけが残っていた しかも2回連続で 最後にトイレ入った奴に地味に嫌なことが起こりますように、と祈った 帰りの電車では、香水のにおいがきつい男と同車両になった 次の駅で車両を移った 私は心が狭い ちょっとしたことで…

「ひとり時間」の適量

子を産んでから「フルタイムで働くのは絶対無理、少しでも一人の時間が欲しい」と常々思ってきた ちなみに私は旦那・子(小1)と暮らしている、パートタイマー主婦だ ミニマリストたるもの時間の使い方にも気を配ろうと思い、むやみに見てしまうツイッターと…