60%生活

物も思考もミニマルに

ミニマリスト前夜

結婚してから子供が産まれるまでは、独身時代と特に変わらない生活を送っていた


何となく続けてきた販売の仕事をし、それなりにストレスが溜まり、その発散のために買い物をしていた


退職後にもらった失業保険も全て買い物に使った大馬鹿者である


他に趣味もなく何より家にいることが幸せな私が、服を買うことをやめてしまったらどうすればいいんだろうとその当時思ったことを覚えている


どうもこうも「貯金しなさいよ」の他にかける言葉がない


育児中はより一層家にいることが増えたので、急に家のインテリアが気になりだした


それまでは同居人(旦那)に遠慮して、私色に染めようとはしなかったのだ


猛烈に私色に染めたくなった


気づけば貰い物のおもちゃや洋服であふれていて、心地良さのかけらもなかったのだ


自分の家なのに、そこに自分の意志がなかった


すっきりとしたシンプルなインテリアにしたいと思い、リビングから不要と思われるものを排除し、旦那のよくわからない持ち物はクローゼットに突っ込み、服も整理した


心が20%くらいすっきりした


そんなある日、どういう経緯か忘れてしまったが「ミニマリスト」という言葉を知った


「ミニマリスト」と呼ばれる人たちのほぼ何もない部屋を見て、羨ましいと思った


こんな暮らしがしたいと思ったのだ


【ミニマリスト云々より、無駄遣いはやめよう】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村