60%生活

より楽に生きるために

思い込みを捨てる

バスタオルではなくフェイスタオルで体を拭くようになったのは「体を拭く=バスタオル」という思い込みを捨てたからである


思い込みを捨てると、より楽に生きられる


私は、布団やベッドにシーツを付け、定期的に外し、洗濯し、また付けるという一連の作業が好きではない


洗い立てのシーツで眠る気持ち良さと天秤にかけても、天秤がビクともしないくらい面倒だ


布団とシーツがずれないように輪っかとヒモを結んでいる時が一番泣きたくなってくる


結ぶ位置が間違っていた時は、悪魔が高笑いしている映像が頭に浮かぶ(悪魔はツノのようなものが二本あり、紫色をしている)


そんな時、インスタグラムで布団にシーツを付けず、敷きパッドを直に付けているお方の投稿を見た


神かと思った


真似するっきゃないでショウタイム!と思ってしまうほど気分が高揚した


早速楽天で敷きパッドを3人分購入し、シーツを呪いの言葉と共に捨て去り、装着して使っている


布団からの着脱が楽なので、以前より洗濯の頻度が上がった(前年比300%程)


ただ、敷きパッドの色をグレーにしたのだが、あまり気に入っていない


白っぽい色は汚れるという思い込みを捨てて、アイボリーにすれば良かったと思っている


【思い込みを捨てるのはなかなか大変】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村