60%生活

より楽に生きるために

自信もない!

自分のジャッジに自信を持てない


私が右が正しいと思えば大抵左が正しいし、シャイで女嫌いな男だと思えばとんでもない女好きだし、このレジが一番早いと思えば前の客が店員に何かを要求しだすし、もうミスミスジャッジなのである(正確にはミセスミスジャッジである)


また、自分のことですらよくわかっていない


不安に駆られた時によく適職診断を受けるのだが、出てくる結果が毎回微妙に違うのである


何十問と「この場合あなたはどうする?」といった質問が出てくるが、そんなもの日・時間・その時の精神状態・お腹が減っているかいないかによって答えが違う


「クリエイトする職に興味がある」と思っていれば、クリエイトな職が適職になるように騙し騙し質問に答えるし、事務職の時も同様である
(お腹が減っている時は「どちらとも言えない」の数が多くなる)


なので、本当の意味での適職は一生見つからない


そんな悩めるミセスにも子供がいる


子と接する際、できれば毅然とした態度でこれはこうだからこう!と言いたいものだが、つい答えを濁してしまう


大体、何か言った後に「知らないけど」をつけてしまう


そして困ったことに、旦那もミスターミスジャッジである


テレビのクイズ番組の答えは、8割方間違っている


それなのになぜ毎回自信ありげに答えるんだろうと思う


もう両親を反面教師にして、力強く生きていって欲しいと願うばかりである


【迷いっぱなしの人生】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村