60%生活

物も思考もミニマルに

やめたこと

ミニマリストを目指す中で、やめたことがある


アロマディフューザー

アロマを垂らして蒸気が出てくるディフューザーを使っていたが、管理が行き届かなかったゆえ雑巾の臭いしか発さなくなり、やめた


靴箱に消臭剤を置くこと

靴臭強豪校に推薦で入れそうな期待のルーキーが家庭内にいるが、外出時に靴箱の扉を開け放しておくと臭いがしない(ような気がする)


鍵にキーホルダーをつけること

長らくイケてるキーホルダーを求めてさまよっていたが、別にキーホルダーがなくても扉は開くことに気づき、やめた


何足も靴を持つこと

足は2本


寝室に何か置くこと

心配性で神経質なので、何かあると落ち着かない
若かりし頃はぬいぐるみを枕元にたくさん置いていた(神経質は撤回)
ベッド時代はサイドテーブルを置いていたが、中身がポケットティッシュと耳栓とアロマスプレーのみだったのでやめた(いたるところでアロマを使用していたが、癒されたかったのかもしれない)


防虫剤を使うこと

ハッカに依存


ちょっとしたお出かけ用の服をなかなか着ないこと

全て着ないともったいない精神
服は汚してなんぼのもんじゃい精神


部屋着を何着も持つこと

1着のみしか持たない(自分の体はきれいルールにのっとり、洗濯頻度は低い)


柔軟剤を使うこと

ごわごわでもいいだろがい精神
繊細なお洋服は持たないようにした


年中ワイドハイターを使うこと

汗臭担当大臣が本領を発揮しだしたら使う
冬場はほぼ使用していない


どれも、これは必要なことかそれともやらなくていいことかと自分に問いかけ、やめてみたことである


特に時間に追われる生活をしていないが、手間が減って満足である


【手間=悪ではないけれど】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村