60%生活

より楽に生きるために

バッドミニマリスト

私がミニマリストになったのは、持ち合わせた面倒くさがりという性質とマッチしたからだと思う


たくさんの服を持ち毎日コーディネートを考えていた日々と、少ない服の中から決められたコーディネートをするこの頃


満足度は後者の方が高い


ミニマリストついでにスキンケアとメイクも必要最低限にしたら、前より出かけるハードルが下がった(出不精クイーンにとっては一大事である)


雑貨のほこりを払うこともしなくていいし、凝った料理も作らなくていい


家計簿もつけていないし、なるようになるさ精神で生きている


段々ミニマリストと関係なくなってきたが、物量も精神もミニマルでいることによって、器60%の私は気持ち良く生きられるのだ


しかし、減らした部分に侵入してくる「本来いらないもの」については目を光らせておかなければならない


もう雑貨買わないし、洗濯機買い替えてもいいよね


服の枚数が少ないから、ギャルソン買ってもいいよね


友人の数は少なくていいから、最近出会った人とは親睦を深めなくていいよね


家事も終わってやることがないから、この先の人生を考えていたら余計な心配事が増えた


上記は全て私が陥ったバッドミニマリスト事案である


この黒い感情と決別できた時、私はスーパーミニマリストになれるのだろうか


【バッドばつ丸】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村