60%生活

物も思考もミニマルに

ミニマリストと子育て

私は器の小さい人間であるが、子を産んだからにはきちんと育てあげる義務がある


「好き嫌いなく食べよう」「お友達みんなと仲良く遊ぼう」「やることをやってから遊ぼう」等、自分もできていないことをしれっと子に要求している


偏食はもう直らない(直そうと思っていない)ので、せめて「やることをやってから遊ぼう」は、子に手本を示したい


我が家はダイニングテーブルがなく地べた生活なので、一度座るとこたつに吸い込まれて立つことができなくなる(物理的にではなく心理的に)


夕飯を食べ終わった後、すぐに食器を洗うことが苦手なのだ


子が食べ終わるのを待っている間に、私の体はどんどんこたつに吸い込まれ、スマホをずーっと見てしまう


子が食べ終わっても、立ち上がれずずーっと見てしまう


ずーっと


やること(食器洗い)をやっていないのにである


そんな私を見ているためか、子も段々とやることをやらなくなってきている


明日の支度、自分の洗濯物の片付け、遊んだゲームの片付けが子の三大やらなきゃいけないことであるが、済ませないまましれっと布団に入っている


しれっとの部分だけ立派に引き継いでいる


そして私は子が色々なことを済ませていないことに気づいていない


やはり夜は思考力が低下するのだ


習慣は身を助ける


快楽に身を任せず、良い習慣づけをしたいと思う


【19時過ぎたら何も考えたくない】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村