60%生活

物も思考もミニマルに

お気に入りの呪縛

ミニマリスト=お気に入りだけに囲まれて暮らす、という図式に則り、我が家にインしようとする物には厳しいチェックが入る


厳正なる審査を通過しないと我が家の敷居はまたがせない


例えばトースターを買うとする


様々なサイトを回ったり、雑誌を読んだりインスタを覗いたりして比較・検討する


価格コムのクチコミを読み込み、テレビをつけながら(決して観てはいない)どうしよう…と思い悩む


これはデザインがドンピシャ好みなんだけど食パンに焼きムラができるってクチコミがあるー


これは機能性は抜群だけど色の組み合わせが変ー


すっからけっちー


頭の中の90%をトースターが占めて1日が終わってゆく(これが何日か続く)


実に平和である


悩み疲れると、あっさり買ってしまったりもする


また、やっぱり必要ないと思い直して買わないこともある


こうした日々の鍛練により、ミニマリストが形成されてゆくのだ


しかし自分に問うてみる


「本当にお気に入りに囲まれた暮らしを望んでいるのか」


「全てをお気に入りで揃えるにはいくらかかると思ってるんだ」


「あとお前飽き性だからすぐに別のお気に入りが欲しくなるだろう」


…そうなんです


お気に入りを追い求めるのは終わりがないので、今後何か購入する時は「これでいい」と思えるものを買おうと思っている


【結果我が家は無印だらけ】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村