60%生活

より楽に生きるために

ミニマリスト=流行り?

最近「持たない暮らし」に関する記事を目にすることが増えた


あまのじゃくなので流行には逆らいたくなるが、ミニマリストは快適なのでやめられない


私が「ミニマリストになりたい」と思ったのは一昨年の夏だったので、流行り前だったのではないか(と思いたい)


ミニマリストになるとこんないいことがあるよ!をいくつか挙げてみる(最近箇条書きにハマっています)


・いらないものをメルカリやら何やらで売るので収入が増える。また余計な買い物もしなくなるので支出が減る=お金が増える

私はメルカリをやらないので収入は増えなかったが、後者は当てはまる。自分の小遣いが3万円はないと不安だったが、今は5000円もあればなんとかな(りつつあ)る


・必要経費が減るので心に余裕ができる。ある程度貯金ができれば仕事を辞めて人生見つめ直すことだってできちゃう

「現状に不満タラタラな人」を前提にしてしまったが「あくせく働かなくてもいいんだよ」ということからズボラにミニマリストが最適!という図式ができあがるのだ


・物が少ないと掃除が楽。その他の家事もシンプルにすることで時間ができる

ミニマリスト目指し期はとにかく時短命だったが、空いた時間で何をする訳でもなく、ぼーっと過ごしてしまった(私こそ真のズボラ)


・生活に使えるエネルギーが増える

これは感覚的なものだが、以前より気軽に外出できるようになったり、穏やかな気持ちで子の相手をすることができるようになったりしている。荷物が軽くなると思考やフットワークも軽くなるのだ


そんな訳で、ミニマリストがただの「流行り」で終わってほしくないなーと思いつつ鼻をホジホジしている子持ち女なのであった


【GWの呪縛で公園に出かけたら渋谷くらい人がいて慟哭】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村