60%生活

より楽に生きるために

人見知りは克服しようとせずごまかそう

私は内向的で人見知りな人間である


しかしのちに親しくなった友人にそのことを話すと「人見知りじゃなくなーい」と言われることがある


長らく続いた自意識過剰期が過ぎ去り(本当はほんのり残っている)、子を産んだことで人見知ってる場合じゃないと気づいたのだ


◯ヶ月検診の集まり、公園、幼稚園や保育園、習い事…


母は「コミュニケーション力」を求められる機会が多いため、豊や剛のように一匹狼を気取ってる場合ではない


若かりし頃は「マジで無理、ママ友とか怖い」と思っていたが、いざ経験してみると意外とどうにかなった


私は臆病で卑怯な藤木のような人間なので、その方と仲良くなりたいのか、あんまり関わりたくないのか、どこまで距離を詰めてもいいのか等をジャッジするのにじっと観察する時間が欲しいのだ


そして100%受け身人間のため、自分から話しかけることが苦手だ


受け身人間ができることはなんだろう、と考えた結果「何はなくとも自分から明るく挨拶、その後はニコニコ(ニヤニヤ)してひたすら話しかけられるのを待つ」だった


そんなニヤニヤ人間に優しく話しかけてくれた天使のような友人がいてくれたおかげで、万事乗り切ってこれたのである


ニヤニヤは世界を救うのだ


なので人見知りの方は「空気を読んで何か話しかけなくちゃ」と思わずに、脳内で楽しいことを思い浮かべて笑顔でいるといいと思う


そうすれば天使が話しかけてくれるから…(矢沢あい風)


そして人見知り宣言をするのは、仲良くなってからにするべし


【社会人大学人見知り学部卒業見込を読んで世界が開けた】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村