60%生活

より楽に生きるために

デジタル断捨離

なんとなく心がもやっとする時に家の中に捨てるものがないか探してしまうのはミニマリストあるあるであるが、これ以上捨てるものなんてないぜという時にオススメなのがデジタル断捨離である


目に見えるものが減る訳ではないが、意外と心がスッキリする


それでは「デジタル断捨離」の具体的な事例を見ていきましょう(なぜかキャシィ塚本を思い出した)


・メールの受信箱を整理する

長い間覚えておきたい内容(契約しました・登録完了しました系)のメールはアーカイブに移し、美容院の予約や図書館の返却期限、粗大ゴミの受付メールなど直近の覚書メールは受信箱に残しておく。終わったら即削除。受信箱が空になると気持ちがいい。また即ゴミ箱行きのメルマガなどは登録を抹消する。(たとえ忘れ去られたパスワードとの戦いになろうとも)


・メモ帳や写真を整理する

気づいたらよくわからないメモや写真が溜まっているので削除する。「最近削除した項目」からも削除する。写真はグーグルフォトでバックアップを取り、年末にその年のアルバムを作ることにしている。(本当は写真にあまり興味がない)


・使っていないアプリを削除する

愛用アイフォンのアプリを数えてみたら、48個存在した(元々アイフォンに入っているもの含む)。ホーム画面がスッキリしているとミニマリストっぽくていい。ずっと消す消さないの狭間で揺れ動いているのが、マクドナルドのアプリである。


・インスタやツイッターのフォローを外す

気の向くままにフォローしていたら結構な数になったので、1度フォローしている方を整理してみたらスッキリした。ただでさえ流されやすい人は「情報を意図的に制限する」ことが大切だと思う。(その前にインスタ見ませんという方がいるが、そこまで潔くはなれない)


以上


スマホの乱れは心の乱れ…通勤電車の中でもできるので、デジタル断捨離してみませんか


【四万十川料理学園】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村