60%生活

より楽に生きるために

ミニマリストになって変わったこと

それは「やらなくちゃいけないことを後回しにしなくなった」である


例えば子の小学校入学時には、大量の「提出しなければならないクソめんどくさい書類」があった


家族の連絡先から仕事先の住所・電話番号、子について知らせておきたいこと、家から学校までの行き方等々を細々と記入する


ミニマリスト以前の「面倒くささ至上主義」の私であれば、ずーっとあれ書かなきゃという思いを片隅に残しつつ「今日は眠いからやめておこう」などと何かしらの理由をつけてギリギリまで取りかからなかったであろう


今回は前のめりに完成させた(心の中で暴言を吐きながら)


完成したあかつきには、次回書く時の参考にと写真も撮った


自己啓発本好きの私は、何度も「やりたくないことでもいつかやらなければならないのだから、その思いを抱えたまま先延ばしにするのではなく、すぐに済ませてしまいましょう」というような内容の本を読んできているはずであるが、一向に実践できなかった


ミニマリストになったらホイ、である


どうしてなのか仮説を立ててみた


物にはパワーを吸い取る力(目には見えない)があるので、日頃暮らしているだけでも知らぬ間にパワーを吸い取られている→疲れる→寝ちゃう


物が少ない→パワー吸い取られない→疲れない→寝ちゃわない→書類完成


どうでしょう(ついにパワーのせいにしだした)


「後回しにするダメな自分」を捨て「すぐに取りかかれるクレバーな自分」を手に入れたとも言える


掃除も、すぐに取りかかれば汚れが蓄積することはない


後回しにすればするほど、汚れを取ろうとすると力が必要になる


だったら最小限の力で取っちゃった方がいいんじゃないか


できるだけパワーを使わないようにしていたら、ミニマリストになったってことでしょうか


【椎名林檎のDVDを見ていたら1日が終わってしまった】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村