60%生活

より楽に生きるために

普通って何

私は「平均値」をやたらと知りたがる人間である


平均貯金額、平均通勤時間、平均身長、初体験の平均年齢、平均睡眠時間…


その「平均」より少しでも自分が劣っていると、気になって仕方がないのだ


結果「自分が持っているもの」を光らせようとせず「自分にないもの」に執着していた


私には他人と比べて「ないもの」が多すぎる


だからダメ人間なのだ、という具合に


しかしある時、世の中の「普通」とされることに自分を無理やり当てはめようとするから苦しいのではないか、と思った


「普通」の人が持っているのと同じ量の服が私には必要だろうか


「普通」の人のように円滑にコミュニケーションが取れない私はそんなにダメなのだろうか


人の数だけ「普通」があるぞ


それに自分の「普通」も日々変化するぞ


私にとっての「普通」はミニマリストであり「多くのものを消費する人生」を選ばなかった(今までそれなりに消費してきた結果、ミニマリストを選んだ)


円滑なコミュニケーションができなくとも、挨拶とニコニコくらいはできる(以前は自分から挨拶をするのが恥ずかしかった)


みんな自分の「普通」で生きている


他人の「普通」に干渉しない、自分も干渉されない


認めあって楽しく生きていければ最高


【うねうねするスケボーに乗れる子すごい】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村