60%生活

より楽に生きるために

ミニマリストの化粧事情

昔から薄化粧である(私は素肌美人でも美人でもありません)


理由は2つ


①面倒②男は薄化粧好き説信仰


不器用なので、ガタガタのアイラインを引くくらいなら何もしなくていいです


マスカラを重ね塗りしてダマダマになるくらいなら1回サーでいいです


つけまつげ・まつげパーマはしている人を見るとなんとも言えない気持ちになるのでいいです、といったひねくれ具合だ


また、グロス・口紅は100%前歯に付くのでNG


ニキビ跡やシミを隠そうとしてがっつりめのファンデーションを付けるのも、メイク落としが必要になるので嫌(すべて全身に使えるボディソープで完結したい)


そんなおんな力0%人間の化粧手順がこちら


夜はワセリンで保湿

朝は水で顔を洗い、コンシーラーでシミを隠す(もはや完全には隠れない)

日焼け止め効果があるパウダーをパタパタ

眉毛をパウダーでなんとなくなぞる

マスカラ(例の塗るつけまつげを高校から愛用)

チーク(加齢による血色の悪さをカバーしてくれると信じたい)

色付きリップ


以上


これが私のフルメイクである


仕事以外だと大抵眉毛まででフィニッシュだ


最近はノーメイクで外出する日も増えた


1つ歳をとるごとに恥じらいを捨てているのだろう


私はどこへ向かっているのだろう


とりあえず、紫外線が敵ということだけはわかっている


【ミニトマトをミニマリストと読むようじゃ】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村