60%生活

物も思考もミニマルに

適職って何

人生に思い悩むと適職診断をする癖がある


診断結果は大体同じだ


人を相手にするより物を相手にする仕事


1人でできる仕事


内向的人間らしい診断結果である


以前「無印が好き」という理由で、店舗でパートをしていたことがある


でも「無印が好き」だから販売員が適職かというと、そうではなかった


品出し・発注・売場替えなどの1人で黙々とできる業務は好きだったが、接客がとにかく苦手だった


「無印が好き」だけではどうにもならない


子が生まれると土日休みの仕事を探すようになり、今まで経験のない事務仕事をやることにした


未経験可のデータ入力である


ブラインドタッチもできない人間が、自己流の破茶滅茶拳を駆使して仕事にいそしんだ


速く正確に入力できると名前が貼り出されるシステムだったのだ


どうしても3位以内に入りたい(私は負けず嫌いである)


結果3位を取ることができ、大満足で仕事を辞めた


そこから「データ入力が向いてるかもしれない」と思い、似たような仕事をしてきたが長続きしない


飽きてしまうのだ(私は負けず嫌い兼飽き性である)


無印の仕事は、好きだけど向いていない


データ入力の仕事は、向いているけど飽きてしまう


二兎を追う者はなんちゃらなのだろうか…


本やブログを読んでいる時に誤字が気になるタイプだったので、誤字を見つけてお金をもらえる仕事ないかしらと思い、知ったのが「校正」の仕事だった


楽しそうだし向いてそうだからと思い、通信コースで勉強した


現在は週2日データチェックの仕事に行き、在宅で校正の仕事をしている


しかし最近は校正の仕事がない


やりたいのに仕事がない


そういった訳でヒマな時間を持て余し、自分でブログを書くようになった


ブログを書くのは楽しい


校正の仕事もしたい


けれど仕事がもらえない


需要と供給…


私の適職はいずこ


【結果漫画喫茶で働きマンを読んでいます】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村