60%生活

物も思考もミニマルに

やるべきことをやってから

朝から掃除をした


仕事がある日は掃除機をさーっとかけるだけ、仕事がない日は+クイックルワイパーでほこりを取る、週1くらいでウェットシートで床拭きをする


今日はウェットシートまでやったので満足度が高い


そしてブログを1本執筆し(伊佐坂魂)、冷蔵庫の中身をチェックして買い物に出かける


いつもなら大抵ブログ執筆からスマホを見続けるか、録画した番組を観るかのダラダラコースなのだが、今日のわたしは違った


スーパーで食料品を買い、ダイソーで日用品を買い、ひとつの買い忘れもなく帰宅する


そしていつもなら400グラムちょいの豚肉をふたつに分けて冷凍するという少し面倒な作業を後回しにするのに、今日は買い物から戻ってすぐに小分けにした


おまけに今日の夕飯の献立も決めて、ご飯とむね肉を自然解凍している(親子丼の予定)


完璧…いやパーペキである


わたしの中に「不要な外出は悪」という面倒くさがりをこじらせたルールが存在しているので、仕事がない日に自主的に買い物に行くことなど最近はほとんどなかった


仕事の帰りか、土日に子を連れて外出がてら買い物に行くのだ


はたから見れば、ただ家事を済ませて買い物に行っただけだが「わたし、正しく生きてる」という満足感に包まれた


いかに普段ダメなのかがわかるだろう


しかし、もう「わたしってダメだ」と思ってストレスを溜めるのが嫌なのだ


楽をしたいなら、やるべきことをやってからにしようと思ったのだ


日々、小さなことでも「やれた」という自信を積み重ねて、自分に自信を持ちたい


何というか、清く正しく(美しく)生きたい


急にこんな宝塚歌劇団のようなことを言い出したのは、佐々木典士さんの新刊を読んだからに違いない



【催眠術にかかりやすいタイプだと思う】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村