60%生活

より楽に生きるために

本当の自分じゃないと思っている人へ

自分の嫌いな部分ばかりが目について、あれもこれも直さないとと思う


欠点を直したら、みんなに認められて本当の自分になれると思ってきた


ということは、今の自分は本当の自分ではないことになる


本物ではない自分を生きていることになる




学生の頃、授業のノートをきれいに書きたいあまり、黒板から写すときに汚く書いて後で清書しようと思っていた


結果、清書をすることはなかったし、字が汚すぎて人に貸すことも自分が理解することもできなかった


「汚い自分」「完璧ではない自分」を認めたくなくて、努力をすればいつか「きれいで最高の自分」になれると思っていた


そして特段努力をすることなく、楽な方へ逃げ、ニセモノの自分のまま36年が過ぎた


本当の自分になれていないのに子まで誕生している


非常にまずい


子育ての中でも、こんなことができない母親じゃダメだと思うことが何回もあった


手の込んだ食事、たっぷりと外遊びさせる、児童館に行って他の子と遊ぶ…


やりたくない逃げたいなんで私ばっかり本当に女って損とドロドロしたものが常に心にあったのだ


子育てもひと段落し、ぼちぼち仕事も始め、物を減らして暮らしを整え、少し余裕ができた


隣にいる我が子を見てみると、今のところ健康に問題もなく、運動が好きで、友達と楽しく遊んでいるようである


わたし全然ダメじゃないじゃん


子、たくましく育ってるじゃん


欠点だらけでも何とかなってるじゃん


もう自分を否定するのをやめよう


ダメなところも全部肯定してみよう


できないことより、できたことに目を向けよう


子は親に褒められるかもしれないが、親は自分で褒めるしかない


そんなわけで、今日もブログを書けているわたし最高


【消したい過去もひっくるめて自分】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村