60%生活

より楽に生きるために

自堕落をやめようとするのを諦める

わたしは自分に甘い


自己啓発書を読むのが好きなのだが、ありがたいお言葉も脳内で自堕落ワードに変換してしまう


「今に集中しろ」を「今がよければいい」


「心を壊すくらいなら逃げろ」を「ちょっとでも嫌ならやめちまえ」


「好きなことを仕事に」を「楽なことだけしていたい」


すべて自分に都合よく解釈してしまう


他にも、お菓子だけ食べて生きてたい、家から一歩も出たくない、好きな人とだけ関わっていたい…と際限なく続く自堕落の嵐




例えば「休日に家にいることはほとんどないよー」と友人が話していたとする


「そうだよね、1日もったいないもん」と別の友人が同調したとする


「えっ、わたし一歩も出ませんけど…」と言う(心の中で)


わたしの表情が曇っている間も「光熱費全然かかんなーい」などとキャッキャ言っている友人たち


みんな外出するって言ってるのに外出しないわたしがおかしいんだ…家にいるのはダメなことなんだ…と深く反省する


何回か街へ繰り出してみるが、やっぱり続かない→自己嫌悪(※リピート)


何十年も自己嫌悪におちいってきてやっと気づいた


わたしの自堕落は筋金入り…ナチュラル・ボーン・ジダラクだということに


あらがおうとするより認めよう


自分の中の「わたしってやろうと思えばできる人間」という認識を下方修正しよう


「自分ならいつかアクティブになって、人見知りも克服できて、たくさんの友達から慕われるはず」と、努力する気もないのに思うのはやめよう


このままのダメなわたしでもいいじゃないか


とりあえず、毎日掃除をきちんとして、自己啓発書を読んで、自分に都合よく解釈しよう


…自堕落でお金がもらえる仕事ってないかしら


【梅雨は本当に終わったのか】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村