60%生活

より楽に生きるために

人の心読み取り機

恋愛に明け暮れていたおバカな高校生の頃、強く思ったことは「人の心読み取り機があればいいのに」


全世界の人、いや全小室世代が一度は思ったことがあるのではないだろうか…(根拠はありません)


好きな人の心が分かった上で告白をすれば、傷つくことがない


好きな人に好きな人がいれば、その子の悪評を流すこともできたかもしれない(よくない使用例)


しかもあくまで機械なので、こちらの都合で発動させることができる


知りたくない感情は知らなくて済むのだ


結局私の恋愛は実らなかったし、そんな妄想をする暇があるなら女を磨けばよかったのに


痩せるとか脱毛するとか顔面体操をするとか、そういう外見的なことじゃなくて


「女は愛嬌」本当にそうだと思う


愛嬌を調べてみると、「接すると好感を催させる柔らかな様子」とある


「ひょうきんで、憎めない表情・しぐさ」とも


柔らかな様子は諦めるとして(諦めの良さが長所)、私はひょうきんでいこう


なんて子のグミを横取りして食べながら思う37歳なのであった


考えてみたら、長いこと人の心読み取り機の存在を忘れていた


今は人の心より自分の心を知ることに精一杯


歳とるって、諦めが早くて、ずうずうしくて、最高


【↓押してくれた方に幸ありんぐ】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村