60%生活

より楽に生きるために

贈り物をやんわりと断る

大好きなあの人に、お世話になっているあの人にお礼がしたい。そうだ、贈り物をしよう


とてもいい文化かもしれないが、昔から贈り物をするのが苦手だった


できる限り脳内を贈る人でいっぱいにし、あの人なら何が欲しいだろうと考えてみるけど、今まで心のど真ん中にヒットするような贈り物ができたためしがない


相手にアンケート用紙を渡し、満足・やや満足・無・やや不満足の4つに分けてもらった場合、1:2:5:2くらいの比率になるのではないか


アンケート用紙は渡さないので答えは永遠にわからないけども


なんか、どうやっても「自分の趣味」を過剰に押し付けている感じがしてとにかく苦手なのだ


あげた時の「嬉しい!」というリアクションも、こちらが無理矢理させたようで心苦しい


そしてそのリアクションを見て私はニヤニヤしていることしかできない


あの時間がとっても苦手だ!


また、ミニマリストになってからというもの、贈り物をもらうことも以前に増して好きではなくなってしまった


必要なものは自分で買いますので、とツーンとしている


本音では現金かお菓子が欲しいと思っている


氷の心を持つ女と言われても反論できない


なんてウジウジ考えていても仕方がないので、先日の誕生日の際に今後プレゼントは遠慮します…とやんわりと断ってみた


罪悪感でいっぱいになるかと思っていたが、予想に反して心がスッキリした


来年どうなるかはわからないが、自分の気持ちを伝えられて良かったと思う


スマートなプレゼント交換はできないけれども、今日も元気に生きています


【↓押してくれた方に幸あれれ】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村