60%生活

より楽に生きるために

ミニマリストは仕方なく?

人はひとつの人生しか生きられない


選択するということは、その他の可能性を捨てているということだ


私がとんでもなくお金持ちだったら、ミニマリストになっていただろうかと考える


もし自分が欲しいものを買いたいだけ買える生活を当たり前に送っていたら、「物を減らそう」なんて考えなかっただろう


それとも、いつか物を買い続けることに虚しさを覚え、ミニマリストになったであろうか


私は、今まで経験してきたことしかわからない


一方友人は、金銭的に恵まれていて、欲しいものを全て手に入れている(ように見える)


それでも自分が価値を感じないものにはお金を出さないし、見栄だけの買い物をしていない


そして常に楽しそうに生きている


もしこの友人が私と同じくらいのお財布事情だったとしても、変わらず楽しそうに生きるんだろうなと思う


それほど「陽」のパワーを感じるのだ


何が言いたいかというと、「お金がなくてもミニマリストで楽しいよ、幸せだよ」と言うのは「負け惜しみ」なのか?ということ


「私は心から好きでミニマリストをやってます!」とは、お金持ちになったことがないから言えないぜ、とちょっと思ってしまった


お金を持っていて、それでも必要最低限の暮らしをしているというのなら「ミニマリストって魅力的なんだな」と思わせる説得力があろう


もしかしたら私って仕方なくミニマリストやってんのかしら、とふと思って怖くなっちゃった


あれも無理、これも無理、とだんだん道が狭くなっていって、ミニマリストに導かれていったような


その道が狭くならなかったら、ミニマリストには導かれなかったかもしれない…


色々諦めている中に、本当は諦めたくなかったことはないか、探してみよう


ということをサザエさんを見ながら考えていた


【マスオさんの顔がイっちゃってた】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村