60%生活

より楽に生きるために

人生に対する期待値が低い

「人生に対する期待値」が、人より高くないのではないか


小さい頃は、母親の機嫌ばかり気にしていた


母親に褒めてもらえるように、テストや学芸会や授業参観を頑張った


自分が楽しいから書いていた漫画は「絵に動きがない」と言われて書かなくなった


母親が辞めていいよと言うまでスイミングを続けたし、中学校では母親に言われるがまま水泳部に入った


成長する過程で「辛いことでも我慢してやるのが、人生」と刻まれてしまった気がする




人に「やりなさい」と言われたことは、楽しめない


自分が「やりたい」と思って始めたものでないと、楽しめない


大人になって、何でも自分で決められるようになって、じゃあ自分がやりたいことは何だろう?と考えてきたけど、いまだに分からない


だからやりたくないことを避けて、「これならできそう」と思ったものをやってきた


それが誰でもできる仕事でも、「私にできること」だったからやってきた


「失敗したとしても、挑戦したい」という強い気持ちを持てるものがなかったから、できることをやった


自分で選択できているのだから、幸せなこと


超ド級に平凡な人生だけど、生きているよ


それだけでいいとも思っているよ


だけど「そんな平凡なの嫌だ」と思わないでもないよ


没頭できるものがあるといいんですって


余計なことを考える時間がないからね


あーん、何かに没頭したい


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村