60%生活

より楽に生きるために

自分に自信がないまま生きてます

自分に自信を持ちたい


なんで自分に自信がないかというと、常に楽な方を選んで生きてきたからだ


経験したことがないことをやってみよう、とか、ちょっと難しそうだけど挑戦してみよう、とかほとんど思ったことがない


自分が確実にできることをコツコツと、とか、60%くらいの力でできることを、とか、そっちの人間だ


もちろん人間関係も楽を選んできた


同じような価値観を持つ人と、争いを避けて、あっちこっちにいい顔をし、生きてきた


良い言葉で言うと「協調性がある」ということになるだろうか


そして、楽を優先するあまり頭を使うことも最小限に抑えてきた


なんの疑問も持たず、人に指示された通りに動くことはできるのだが、自分で一切考えていないので頭の中は1回転もしていない


無回転シュートなら何発でも決められる


道も覚えない、人の名前も覚えない、周りの人に頼りっぱなし


そんなこんなで、大抵の人よりは人間力が劣っているなと思っている


劣っているなりにおどけて生きるのもいいのだろうが、いかんせんプライドが高い


何かに「あなたが近寄りがたいと言われる場合は、可愛げがないのでしょう」とズバリ書いてあってがびーんと思った


よく人に「近寄りがたい」と言われるタイプの人間なのだ


近寄りがたいのを超えて近寄ってきてもらえれば、案外ヘラヘラしてて楽しい人間なんですけどね、と超絶自分勝手なことを思っている


いつだって他力本願


脱・他力本願


【ハルク・ホーガン】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村