60%生活

より楽に生きるために

ミニマリストの金銭事情

貧乏が先か、ミニマリストが先か…なんて格言があるか知らないが、無駄なものに1円も使いたくない、というのが本音だ


そして最近気づいたことだが、私は我慢強いタイプかもしれない


一緒に暮らす旦那よりも、ヒーターをつけるタイミングが遅い(極力つけない)


浴室乾燥機を使う時間を減らしたいあまり、生乾きの洗濯物を取り込んでいる


もちろん風呂の暖房機能なんて使わない(贅沢の極み)


でも夏の暑さには耐えられないので、クーラーはつけっぱなし


あとお菓子を食べたい気持ちを抑えられないので、月のお菓子代に結構使っている気がする(我慢強い発言撤回)


気がする、と書いたのは、家計簿をつけていないせいだ


「無駄な買い物をしない」を心に刻んでいれば、家計は回るし地球も回る


という自分のめんどくさがりを見事に昇華した考えで、月の生活費以内に収まればよしとしている


3人家族で食費・日用品3万、光熱費1.5万(春秋は1万くらい)という質素倹約・切磋琢磨なくらしぶりだ


ところで私がミニマリストなのは、自分に稼ぐ力がないことを知っているからである


スキルがねぇ、若さもねぇ、強いメンタルもねぇへーんえーんえーん


少ないお金しか稼げないなら、その少ないお金で生活できればいいじゃん


というポジティブシンキングでミニマリストになるに至る


つまり、小心者で将来が不安で仕方ないのだ


同じような方がいたら、ミニマリストになることを強くお勧めしたい


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村