60%生活

ひねくれ日記

パンティの選択肢を減らして気軽に生きる

前回ブラジャーについて語ったが、今回はパンティについて熱く語らせてほしい


最近、パンティを1種類に絞った


無印の「オーガニックコットン混ストレッチサニタリーショーツ」のグレー色4枚を愛用している


「防水布を使用していないので、ブルーデーでない時もそのままはけます」というフレコミの商品だ


防水布とはなんぞやと調べてみると、あの乳白色の独特な肌触りの布のことだった


湿気は通すけど経血などの水分は通さないという優秀な奴だった


防水布がついていたら普段はいてはいけないのか?という疑問がわいてきたが無視するとして、このパンティは丈夫なところが気に入っている


以前同時に購入した「よりどり2枚」の普通パンティと併用していたが、普通パンティのゴムがビヨビヨになったのに対し、サニタリーショーツはそこまでダメージを受けていない


「俺まだいけます」と言っているように感じた


「そうか…」と神妙な面持ちで、ビヨビヨになった普通パンティだけ新調しようと無印に向かった


そこでじっくりと「よりどり2枚」のパンティのサンプルを舐め回すように見て、黒いパンティ4枚を手にし、レジに向かおうと思った時にふと思った


…どうせまたゴムがビヨビヨになるなら、最初から丈夫なサニタリーを買ってしまったらどうか?


「ブルーデー以外は普通のパンティをはかなければならない」という常識から放たれた記念すべき瞬間だった


※余談だが私が舐め回すようにパンティを吟味している間に、子供が迷子センターに連れて行かれた


こうして新たに2枚のサニタリーショーツを購入し、家にいる「俺まだいけます」パンティ2枚と合わせて使用している


同じ色・同じ種類なので何も迷わず手に取れる、ついでにいつブルーデーになってもどんとこい


いいことしかない


ただ、前回に引き続き色気ゼロではある


そんなことどうでもいいくらい、快適


【こんなにパンティパンティ書いてるけど、日常生活でパンティと言ったことはない】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村