60%生活

ひねくれ日記

面倒くさがりを笑い飛ばせ

小さい頃から面倒くさがりだ


ハイハイも面倒で、仰向けでズリズリ移動していたらしい


それはそれは可愛くない赤ちゃんだったろう


「MENDOKUSAI」が遺伝子にキツめに組み込まれちゃってるとしか思えない


面倒くさがりは決断するのも面倒だ


選択肢が増える分だけ、取捨選択をしなきゃいけないことも増えてしまう


たくさんの中から選ぶ楽しみ<<<<<決まったものを選ぶ安心感


冒険をしない、つまらない人間かもしれない


しかしこうなったら面倒ロード極めてやろうと思っている


右肩に「面倒」というタトゥー入れてやろうと思っている


あれだけこだわっていた洋服も、シャンプーも、食器のブランドも、インテリアも、住む場所も、こだわることをやめた


こだわらなくていいんだ、と思ったら、予想外に気持ちが楽になって、生活がより楽しくなった


私のような器の小さい人間には、こだわることが自分の気づいてないところで負担になっていたのだ


こだわりをなくしたら、ブランド物の服を脱いだら、自分が自分でなくなる気がしていたけど、そうじゃなかった


より自分の輪郭がくっきりして、強くなった


ブランド物の服で身を固めていた、あの頃の自分が憧れていた「毅然とした大人」に少し近づいた気がする


結果、私は「毅然とした面倒くさがり」になった


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村