60%生活

ひねくれ日記

それ、本当に欲しいものですか?

気を抜くと、何も考えずに「友人と同じレベルのお金の使い方」をしてしまいそうになる


私は、やりたくないことが多い・体力がない・隙あらば横になりたいグータラ人間なので、無駄遣いしている場合ではないことはわかっている


だけど時に「締めるところは締める」を忘れてしまいがちなのだ


例えば、トイレットペーパー


私はオケツのお肌が鈍感なので、ドラッグストアで一番安いものを買う


見た目からしてグレーがかってる奴だ


案の定ゴワゴワなのだけど、気にせずオケツをゴシゴシ拭いている


毎日約5回、拭いている


だけど、友人のお宅にお邪魔した時にトイレットペーパーがフワフワでいい匂いがしたことを思い出して、つい自分も買ってしまいそうになる


急に自分のオケツはデリケートなんじゃないかと錯覚してしまう


果たしてそのフワフワいい匂いは我が家に必要か?


答えは否、だ


他にも、お菓子、自販機のジュース、家、車、ペット、洋服、ゲームなど


「あってもなくてもどっちでもいいもの」が、友人が持っている(買っている)という理由で自分にも持つ(買う)権利があるように感じ、「欲しいもの」になってしまうのだ


今すぐ自分にビンタをしろ


お前、本心からそれ欲しいんけ?


違うやろがい


じゃかあしいわい


どすえ〜


今一度、自分にとって本当に必要なものを洗い直してみようと思う雨の日


【雨の日のキャンセルできない外出予定をさっぱりなかったことにしてくれるアプリはいつできますか】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村