60%生活

ひねくれ日記

自分が「できる」と思っている20%くらいのことをやってみる

▽雑巾がけが続かない面倒くさがり▽


ミニマリスト・ハイにより次から次へと物を捨てていた時に、クイックルワイパーも捨てたいと思ったことがあった


クイックルワイパーをなくせば、替えのシートを買うお金や手間も捨てることができる


クイックルワイパーがなくても自分の手で雑巾がけをすればいいじゃない、と考えたのだ


しかし、私は知っている


何回か家中の雑巾がけをしたことはあるけど、まったく習慣にならなかったことを


結構体力を奪われるので、パートの時給が100円アップしたもしくは素敵な男性に「お綺麗ですね」と言われたレベルの良いことがあった日じゃないとやる気にならない


また、雑巾がけがちょっとしたエクササイズ代わりになるかもしれないけど、私のポッコリとした下腹とたくましい二の腕をもってしてもやりたくない


そのくらい「自分の手で雑巾がけすること」はハードルが高いのだ


なので、今もクイックルワイパーで床を拭いている(それも2週に1回くらい)

▽毛染めが続かない面倒くさがり▽


同じ理由で、私は髪の毛を染めることができない


その昔染め直しを怠りカットだけを繰り返していたら、染めた部分が全部なくなって素の黒髪になったことがある


そのくらいズボラなので、ここ最近は黒髪にしている


剛毛多量プラスキツめの顔と、茶髪ベターな要素が揃っているが、加齢も伴って見た目どうでもよくなりつつあるので黒髪


万が一「あんな根元だけ黒い髪のママの子供と遊んじゃいけません」というママがいて、私のズボラにより子供に被害が及んだらかわいそうなので黒髪


これから必要になるであろう白髪染めは続くのだろうか…

▽雑巾がけと毛染めから考える結論▽


ハードルを飛ぼうとせず、歩いてまたげるくらいまでやることを簡単にすると続く


逆に言えば、そのくらい簡単なことじゃないと続かない


自分が「できる」と思っている20%くらいのことをやってみる


自分のできなさ、あなどるなかれ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村