60%生活

より楽に生きるために

こだわりを捨てても世界はなんら変わらない

最近、シャンプーは結局LUXが最強だということに気がついた(私調べ)


なんか環境とか肌とかに優しいという理由で、パッケージのデザインが好みの無添加シャンプーを使っていたけど、お値段が高いし私の頑固なフケ症には効果がなかった


LUXに変えた途端、私の髪の艶めきが3割増した(フケ症は治っていないけど)


他人は私を「髪の艶めき」で判断するのであって、「無添加シャンプーを使っている、こだわりのある私」はどうでもいい部分だ


同じことが、洋服にも言える


他人は私を「似合っている服を着ているか」で判断するのであって、価格やブランドまで気にする人は少数だろう


もっと言うと、髪の艶めきも着ている服も、他人からしたら「どうでもいい」


全ては自己満足


その自己満足を排除して、もっと生活が楽にならないか、コンパクトにならないかを考えている


そう、私は何より「減らすこと」が好きだ


減塩・減税・2キロ減


まあ、お金を稼ぐ力がないので減らさざるを得なかったとも言う


いや、借金するより健全だと思おう


洋服とエステの代金をリボ払いしていた頃の自分にアディオス


持っている分だけ使う、シンプルなこと


変えて減らして考えて、納得のいく私でいたい


【黒い服が好きです、フケ症なのに】


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村