60%生活

より楽に生きるために

飽きたら手入れをしてみると、愛が生まれる

◎ミニマリストだって、ずっと使ってりゃ飽きる◎


ミニマリストなので、めっきり買い物をしない


最近の買い物といえば、古くなったパンティを買い替えてみたくらい


さらに先月、突如私に節約の鬼が降りてきて、限界まで物を使い切りたいという気持ちになったため、余計に買い物をすることがなくなった


やはり2月には魔物が住んでいる


なので、買い替えたいな〜とうっすら思っていた靴下の購入を見送り、毛玉を取ってみることにした

◎手入れをすると、新たな気持ちで物と向き合える◎


日曜日に子供がクレヨンしんちゃん(録画)を観ている横で、素手とハサミでポツポツと毛玉をむしる


しんちゃん最近ちんちんにぞうさん書かないけど、時代かな…と思いつつむしる


こんもり取れた


結果、毛玉感が減ってシャープさが増した靴下を愛おしく感じた


新品を買った時の胸の高鳴りとはまた違う、言葉にするなら「私の可愛い子…」というような愛


この愛は、本当にちょっとしたことで感じることができる


毎日使って洗濯している、元はチャコールグレーだけどもうお前は何色なんだよというフェイスタオルから出ている糸を切る→愛


ほぼ毎日履いている汚ったないコンバースを洗う→白が蘇って愛


毎日使っている食器に「お前のシンプルなデザイン最高だよ」と心の中で言いながら洗う→これも愛


ぞんざいに洗ってしまった次の日は「昨日はごめん。疲れてたんダヨ」と心の中で謝る→たぶん愛

◎手入れをする自分は、買い替える自分よりいい奴な気がする◎


「この炊飯器、もう○年使ってるのよ」と物持ち自慢をしていた母の気持ちがわかる、今ならば


安いから、と言って買い替えるのは簡単だけど、今あるものを愛でて、大切に使っていきたい


お金もないしな!(本音)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村