60%生活

より楽に生きるために

「私服の制服化」

「私服の制服化」という言葉を初めて聞いた時、頭の中に?マークが浮かんだ


そんなに洋服を選ぶことって面倒で、時短の対象にされてしまうことなのか?


歳をとっても子供を産んでも、おしゃれ心だけはなくしたくないもんだよ と思ってから数年…


1ミリの狂いもなく、私の私服は制服と化していた


過去記事↓


www.60minimaal.com



過去記事の中で今も残っているはおりものは、白シャツ(ヤエカ)とグレーパーカー(無印)だけだ


正確には白シャツは普段使いせず、ちゃんとした時(面接とか)用にとってあるだけ


クリーンな白シャツに私のダークさが混ざって、普段着るにはどうにも気持ちが悪いのだ


また、グレーのパーカーは同じ形のものを1サイズ上げて買い直した


歳をとると肩周りまで太るものなんですね…


そのほかの 紺のかぶりパーカー・黒の丸首カーディガン・グレーのシャツワンピース・黒のチュニック丈スウェットは捨ててしまった


紺パーカーはグレーパーカーほど愛情を注げなかったこと、丸首カーディガンは丸首の可愛らしさに見合わない自分に嫌気がさしたことが捨てた理由だ


また、グレーのシャツワンピース・黒のチュニック丈スウェットは「重い」が理由で処分した


ダウンの軽さを知ってから、ちょっとでも重い洋服に敵意を持つようになってしまった


上に着るものは腰まで、下に着るものは腰から をモットーに(ワンピースとかロングコートは不可というストイックさ)


×××


新しく購入したものは、黒カーディガン(ユニクロ)、黒スウェット(無印)、グレーニット(ユニクロ)だ


カーディガンは丸首をやめて、VネックのメンズSサイズを購入(気に入ったのでグレーを取り置き中)


スウェットとニットは、ヒートテックの上にガバッと着れば即外に出られるので、何かと重宝する


ものぐさとプルオーバーは相性バツグン


こうして書き出してみると、はおりもの結構あった


制服化になっているかわからないけど、確実におしゃれ心はどこかに置いてきた


し、無印とユニクロがあれば生きていける確証を得た


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村