60%生活

ひねくれ日記

すんごい暗いブログ

どうせ私は、と考えた瞬間から病んでいく


チャレンジする仕事、子供の才能を伸ばす子育て、家族の心が休まる家庭環境を保つ…何もできていない


そこを「そんなことないよ、あなたはそれで大丈夫」と誰かに言ってもらいたいけど、こんなこと誰にも言わないからもちろん慰められもしない


し、本当に私は頑張っていない


逆に頑張って自分で「だってダメ人間だもの」なんて開き直らないと、できていないことばかり浮かんできて押しつぶされそうになる


仕事も子育ても、面倒だと思いながらやっている


心の底から望んでこれをしたい とか、そんなこと今まであったっけ?と思ってしまう


いつだって自分のことしか考えていない


一歩踏み出すのに、人の助けを借りないと踏み出せない


自分で「楽しいこと」を生み出せない


だからすぐにつまらなくなって、惰性でテレビとか見ちゃって、何も頑張っていない私なんて楽しく生きる権利もないと拗ねる


頑張った人には頑張った分だけ良いことが待っていて、頑張っていない自分に良いことは回ってこない


電車で隣にせわしない人が座るとか、ファミレスで愛想のない店員がつくとか、ちょっとした「損」を引き寄せてしまう


あれこれ考えるだけで、行動を起こせない


他の人がどんなことに悩んで、どのくらい傷ついて生きているかはわからないから、この程度のことが「生きづらい」にあたるのかわからない


てゆうか、自分ダメだなーとは5億回くらい思ったことがあるけど、生きづらいなーと思ったことはないので、私は「生きづらくない人間」なのだろう


だけど、自分で自分の性格の暗さに対応しきれない時がたまにある


ってこんな暗いことばかり考えてしまうけど、私は私でよかったよ


ほとんどのことに「いんじゃないっすか」と言ってしまう適当さも、稼ぐより減らすことを迷わず選ぶ甘さも、剛毛で奥二重で貧乳な見た目も、37年一緒なんだからこれからもよろしく頼むよ


ブログを書いてたら気持ちが少し軽くなってきた


これだからブログはやめられない


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村