60%生活

シンプルを考える

ミニマリストで楽しいのか

誰から脅されているわけでもなく、自発的に服を捨てる


少ないことを良しとし、捨てることに快感を覚え…もう普通の生活には戻れない(別に戻れます)


ミニマリストは、自分が望んだこと


安定してる、確かに生活は安定している


少ない物しか必要じゃないから、収入が(ある程度)少なくても大丈夫という自信が持てたし


あれが欲しいこれが欲しいという欲望のレベルは下がった


しかし…楽しいかと言われると…楽しくはない…離したくはない(T-BOLAN)


刺激よりも安定を求めたのは自分なのだけど、どちらかひとつだけではやはり満足できないのがヒューマン


オシャレもしねえ、買い物もしねえ、新商品にも興味ねえ(吉幾三)


元々「現状維持」を家訓にするくらいの安定志向人間なので「暮らしをもっと上質に!」とか「より使い勝手の良いキッチンに!」とかいう発想・ひらめきもない


よって、ミニマリスト最終形態だと思っている我が家に満足しており、どこかを変える気もない


減らすも増やすもなく、ここ最近ずーっと変わらない我が家


いいんだけど


シンプルでスッキリしていて必要なものは全部揃っていていいんだけど


楽しくはない


だから生活の何かを変えて、ちょい刺激もらいたいと思っている今日この頃


今日は子供の「作品」という名のかさばるものたちにメスを入れ、ゴミ袋1袋分になった


それで気分が高揚するのだから、私の肩書きはやはり「ミニマリスト」


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村