60%生活

シンプルを考える

私に一生モノは、ない

「高いけど一生使えるもの」という言葉に敏感だったあの頃


「これ一生使うし」と思って買った数々の「一生モノ」は、今手元にないものがほとんどだ


なぜなら、人は飽きるからだ!


そしてそんな人の中でも、私は飽きっぽい部類に入るから余計にだ!


その昔我が家には、生きていくのにそう何個も必要ではないポーチがわんさかあった


後から後から「なぜ私にドンピシャなポーチがここに…」というポーチが出現してきちゃうのだ


「ポーチならいくつあってもいいよね」と思ってついつい買っていたけど、無趣味出不精ライフを満喫している私にそんなに小分けにしたいものはなかった


何も収納されていない過去のドンピシャポーチが私をうらめしく見ている…


またポーチの価格設定って絶妙じゃないですか?


ポーチに何千円もだすの?と思ったとしても、ご褒美という言葉で一発KOである


友人の誕生日プレゼントにも、何ポーチ買ったかわからない


そんなわけで、ポーチを買うことを強制終了した


常に「一生モノ」を求めていたけど、そんなものは幻想なんだよと


言い切っちまった方がラクになれるかもなんてね(ミスチルです)


「一生使う!」なんて気負いなく、自然に今あるものを大切にしよう


だって私は飽き性なのだから


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村