60%生活

シンプルを考える

お金を使うのは、気持ちを満たすため

◇お金を使うのは、気持ちを満たすため◇


お腹いっぱいになりたくて、サイゼリヤに行く


疲れて楽をしたくて、タクシーに乗る


子供に習い事をさせるのは子供のためでもあるし、親が習い事の間の自由時間を買っているともとれる


◇思い返せば、昔は「ストレス発散」目的の買い物が多かった◇


生活にストレスを感じることが多くあると、洋服やバッグを買わずにいられなかった


仕事のストレスや乳児期の子育てのストレスは、物を買うことで発散していた


恋人にフラれた悲しみは、暴飲暴食で発散していた(主にのりしおときのこの山にお世話になりました)


なので、ミニマリスト界隈で言われている「収入が増えても、暮らしはそのままコンパクトに」というのはなかなか難しいと思う


収入増には、責任の重圧・人間関係のガマン・時間に追われる等「ストレスのもと」がつきものだというイメージがあるから


◇気持ちの浮き沈みがあるほど、お金を使って気持ちを整える必要が出てくる◇


2億%「安定志向」の私が考えた答えだ


ミニマリストになりたいと思ったのも、子供に手がかかる時期のピークを過ぎて少し余裕が出てきた頃だった


ストレス過多から解放されて、気持ちを整えるための買い物もそんなに必要じゃなくなり、これからは貯金もしないといけないし(貯金ゼロで結婚したクチです)…みたいな感じでゆるやかに消費を減らしていけた


(ここまで書いて思い出したけど、ミニマリスト志望期は食器とか収納とか家電とかいろんな物を私色に染めたくて散財したんだった…がびーん)


◇無理やりまとめ◇


心の安定は消費を減らし、家計の安定を呼ぶ


「ミニマリスト最高」と叫びたいし、君が好きだと叫びたい(スラムダンク)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村