60%生活

ひねくれ日記

「嫌われたくない」を捨て去る

子供が保育園に通うようになった時、ママ友なんていらないからとにかくひっそりと生きていこうと思っていた


ママ友のことを「マウンティングしあうドロドロした集団」と決めつけていたのだ


だけど一匹狼をやる度胸はなく、子供を連れての集まりにはしぶしぶ参加して、まんまとひとりぼっちになっていた


人とコミュニケーションをとる時に「嫌われたくない、好かれたい、絶対に失敗できない」と自分に1tくらいのプレッシャーをかけていた


その結果、自分からは話しかけられないし、人に話しかけられたとしても「この人に好かれるため」の対応をしていたので、ギクシャクしてしまう


ずーっといらない気をつかって、勝手に疲れて帰ってくる、そんな人生を30数年…


職場でもそうだった


仕事に集中しているフリをして、最低限の会話しかせず仲を深めようともしない


なにせ嫌われないことが第一目標なのだから「人と距離を詰めること」はそれに反する行為なのだ


遠い場所で薄いコミュニケーションをとっていれば、嫌われる確率は低い


そのかわり仲良しになれる確率も低いけど、ひとりが好きだから平気!


30数年そう思っていた


だけどもだっけっど〜(よしお)


ひとりが好き、は虚勢を張っているだけで、仲良しのお友達が増えれば普通に嬉しいのではないか


自分で勝手に諦めてしまっているだけじゃないのか


まず「嫌われたくない、好かれたい」と思うことを諦めようと思った


「相手に合わせて無理した自分」で接しても意味ない、嫌われてもいい、素の自分でいよう


そうすると、今までテンション高めでふわふわした感じだったのが、落ち着いてじっくりと自分の意見を言えるようになった(なりつつある)


もう自分の中では美輪明宏くらい堂々としている


きっと、好かれようとしている発言・行動なんて相手には見透かされている


マウンティングを怖がっていたのは、自分がマウンティングしていたから


私が変われば、周囲の世界も変わる


「嫌われたくない」を捨てれば、体感1t軽くなる


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村