60%生活

ひねくれ日記

「未知」恐怖症

多くのことを抱えるのがストレスになる


ToDoメモが必要なくらいやるべきことが溜まっていたら、私にとっては異常事態である


それが楽しい予定であれ面倒な予定であれ、ひとつカレンダーに予定が増えるたびに口角が下がってゆく


かといって、何もやるべきことがないのがいいかというと、そうでもないらしい


仕事や家事や子供の相手など「やり方がわかっているもの」である程度時間が埋まっているのが望ましい


つまり「未知のもの」に対してワクワク0:不安100になってしまうのだ


気乗りしない集まりだったけど行ってみたら楽しかった、というのは誰でも経験があるのではないか


もちろん私にもあるのだけど、そんなこと秒で忘れてしまい、新たな予定に対してまんまと不安100になっている


そもそもなぜ不安になるのかと考えると、「うまく振る舞える(こなせる)かどうか」がわからないからだ


「うまく振る舞うこと」がそんなに重要かと言われれば、そうじゃない気もする


要するに、恥をかきたくないのだ


人に「あの人この場にハマってないわ…」「あいつテンパってんな…」と哀れみの目を向けられたくない


見ないで…見ないで!と言って赤信号なのに飛び出してしまいそう(もちろん雨の中)


きっと大恥をかいたトラウマとなる出来事があったのだろうけど、フタをして1tのおもりをつけ東京湾に沈めてしまったので、それが何であったか思い出せない


今日も掃除と洗濯を済ませ、行き慣れたスーパーに行き、何回作ったかわからないカレーを作り、子供と風船でたわむれ、いつもの場所(布団の上)でブログを書いている


何ひとつ新しいことをしなかった、今日がいい日だったんだよバカヤロウ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村