60%生活

ひねくれ日記

嫌い・苦手に敏感な自分でいたい

昔から人混みが苦手である


それでも新宿や六本木などの人人人ゾーンで働いていたこともあり、人混みに多少の免疫はあったのだと思う


それが先日、子供の運動会を観に行ったあと頭痛が2日間治らず、ひさびさに寝込んでしまった


ずっと紫外線にさらされていたとか生理前だったとか他の要因もあるだろうけど、トップ要因は人混みっきゃない


子供がでない競技のときは、群れを離れて木陰で座っていたのに、それなのに頭痛


お昼は旦那がこしらえた弁当を食べたのに、頭痛


子は徒競走でビリになり、チームも負けてしまい、もうすべて頭痛のせいとしか思えない


昔の人混み免疫は10年の時を経て、もうなくなってしまったのだろう


バファリンと同じ成分が入ってますと謳われているバファリンの半額くらいの頭痛薬を飲み続けても治らない


寝ても寝てもズキズキと痛い


オーパキャマラド状態の2日間だった


やっぱり苦手なところには近づかないのが一番


どうしても行かなければならない場合は、前後に思い切り自分を甘やかす予定を組もう、そうしよう


間違っても仕事なんかしてる場合じゃない(今回は休んだ)


昔は「人の目ばかり気にして気圧される自分」を変えようとしていたけど、もう変わらないと悟った


脚を限界まで露出した服装のママとか、サングラスでオラついてるパパとか、カメラの三脚をグイグイ押し付けてくるジイさんとか、いちいち気にせずにはいられない性分なのだ


一生これでやってくしかない


それで、そんな人を気にしちゃうセンサーがなるべく発動しないように暮らしたい


頭痛がするくらい疲れるのだよ


遠巻きに運動会を眺めながら、この校庭にいる何百人の中で、どれだけの人とこんな気持ちを共有できるだろうと考えていた


みんな楽しそうで、少しだけみじめな気持ちになった


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村