60%生活

足し算より引き算

不快なものを排除する生き方

やりたいことをやりなさいと言われますが、37年間「やりたいこと」にピンときたことがない


嫌いなもの・やりたくないことならたくさんある


テスト勉強、人混み、お酌、トマト、偉そうなやつ、人に何かを教える、自分の意見を述べる、注目されること、集団行動、豆、あんこ、声がでかい人、がさつな人、センスがなさすぎるくせに偉そうなやつ


細かく言うと「人に何かを教える」と「注目されること」は嫌いではないけれど、教えたり注目されてる時に調子に乗ってしまう自分が嫌いだ


コメディエンヌとしての血が騒ぐのか、ついつい笑えない冗談をはさんでしまいそうになる


もう大人なので、昔に比べるといくらか自制できるようになった


今でも昔バイトの初顔合わせの時に「さまぁ〜ずの三村と結婚したい」と唐突に宣言したことを思い出すと動悸がする


そんなわけで、外出中は「こうはなりたくない」と考えている時間がほとんどな気がする


あれしたいな〜と希望に満ちた暮らしではなく、ああなりたくない…という軽蔑に満ちた暮らし…


しかしながら嫌いなもの・やりたくないことに敏感なおかげで、それらを右へ左へ受け流すことができる


嫌いなものとは距離をとる、やりたくないことはやらない、やりたくないけどやらなきゃいけないことは心を無にしてやる


そこに楽しみを見つけようとしない


ごちゃごちゃした空間や清潔感がない空間にいたくなくて、ミニマリストになった


旦那が見てるyoutubeの音がうるさいから、違う部屋に行く


不快なものから離れることが、どうやら私のやりたいことです


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村