60%生活

ひねくれ日記

マクドナルドの二階で、自由に生きようと思う

子供とマクドナルドに行った


いつもなら持って帰って自宅で食べたいところを、子供の希望でお店で食べていくことにした


お店でご飯を食べると、どうしても人の目を気にしてしまうのだ


家なら100%気を抜いて食べられる(ポテトは冷めるけど)


ちなみにファミレスみたいにボックス席?になっている所なら平気


だけど回転寿司のボックス席はどうも落ち着かない


特急レーンで繋がれているからだろうか


とにかく、ボックス席でもない窓際の外を見ながら食べられる席に子供と並んで座った


無心でポテトを食べる


ちょうど帰宅ラッシュの時間なのか、二階の席から見下ろすとたくさんの人が行き来している


行き交う人の年齢を見ながら高齢化社会を思っていたら、自転車に二人乗りした女子高生がお店の前に停めてある自転車を何台かなぎ倒していった


あーあ


きっとそのまま戻ってこないんだろうなと思っていたら、ちゃんと二人で倒れた自転車を起こしているではないか


私が同じ年頃なら、戻ってこれるか自信がない


日本の将来は明るいと思った


気づかなかったけど、私のママチャリも倒されていた


ちゃんと起こして、と念を送った


女子高生が行ってしまった後も人々を見ていると「みんな自由だな」と思った


メールの返信をするために立ち止まる人、それを避ける人、待ち合わせをする人、一人でも笑っている人


変な格好をしてても、肌をやたら見せていても、歩くのが異様に遅くても、全員が全員を気にしていない(ように見えた)


自分が進むべき方向に歩いていくだけ


そんなもんじゃん、人生ってそんなもんじゃん


「私は特別」と思っているのは私だけ


人の目を気にして、自分以外の人を汚らわしい目で見て、勝手にイライラして生きててもいいことないよ


もっと自由に、もっとどうでもよく、もっと笑って生きたい


そんな壮大なことを考えるなんて思っていなかったから、この時間を与えてくれた息子に感謝したい


あとは「人の目気にしない」を実践するだけ


ムズイぜ〜


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村