60%生活

ひねくれ日記

調子に乗って失敗をしたけど、逃げずに向き合ったら自分を嫌いにならずに済んだよ。

私はルーティンワークが苦にならない方だ。というか、場面ごとに臨機応変な対応が求められる仕事よりも、決まったルール通りに進める仕事の方が好きだ。子供を産むまでは前者の仕事(販売業)をしていたけど、出産後は後者の仕事(手順に沿ってチェックする仕事)をしている。そして、実績や周囲の反応から、自分にはこの仕事が向いていると思っていた。


だけど最近、仕事で大きなミスをした。100%私の怠慢から起きたことで、この仕事を始めたばかりの頃には考えられなかったミスだ。


「こんな簡単な仕事でミスするなんて、もう私にはできる仕事がない」と自己嫌悪に陥った。そのまま自己嫌悪に抱かれて眠りにつき、朝起きた瞬間に「私やべー失敗したんだった」と思い、変わらない現実にため息が出た。そして「最近仕事中にイライラすることも多かったし、この仕事は自分に合ってないんじゃないかしらん…もう辞めちゃおっかな〜」と開き直った。


しかし、少し時間をおいてクールダウンすると、私の認識の方が間違っていたんじゃないかと思い始めた。「こんな簡単な仕事」と思っていたけど、果たして本当に簡単な仕事だったのだろうか。また「自分はミスなく仕事ができるはず」と思い込み、雑に仕事をこなしていなかっただろうか。


結論、私は仕事をナメていて、自分の能力を過信していた。ルーティンワークでも注ぐ熱量は必要だし、私は「仕事できる人」だと思われたがって、自分の欠点(スピードを重視して雑に仕事をこなす)から目をそらしていた。


立ち上がろう、もう一度。心を入れ替えるっていうけど、そんな簡単に入れ替わるわけないだろと毒づいていた過去の自分を振り切って。ひとつひとつの仕事に真摯に向き合って、丁寧に。


という風に、(実践できるかどうかは置いといて)前向きな結論が出たので、自己肯定感は下がらずに済んでいる。失敗を経て強くなる私…自分のダメさを認めて謙虚に生きることの大切さ…だけど解雇は勘弁してくだせえ…


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村