60%生活

ひねくれ日記

すっきりさっぱりシンプルに生きることの難しさ

必要最小限の物を持ち、できるだけの仕事をし、気分良く暮らす。たったそれだけのことなのにとても難しい。


ミニマリストになろうと思った当初は、とにかく物を減らしたくてバンバン捨てた。ペン1本でも余分に持っていたくなかったし、自分と考えの違う物持ちの旦那を冷ややかな目で見ていた。


そう、私は融通がきかない完璧主義者なのだ。自分の理想の状態にならなければ意味がない、理想と違うことは全て悪、と決めつけていた。


仕事もそう。好きなことを仕事にするのが理想的なのはわかる。でもただお金を稼ぐために働いている自分…スキルアップとか無縁の仕事だし、こんなんでいいのか?と累計1億回くらい自分に問いかけている。


気分良く暮らすことなんていちばん難しい。些細なことが気になって、私って小さい奴だなと嫌になる。私以外私じゃないのと思いながらつい他人と比べてしまう。子供のできなさ加減に感情的に怒ってしまう。


でもちょっと待てよ。別に必要最小限にこだわらなくても暮らせるじゃん。買い置きのスポンジ1個増えたくらいで体にブッブが出るわけじゃない。インスタのオシャレな暮らしに憧れる時期もとうに過ぎた。好きなことを仕事にしてなくても死なない。死なないためにお金を稼ぐのであって、それが好きなことかどうかは二の次だ。あと毎日気分良かったらもはや人間じゃない。喜怒哀楽すべてひっくるめて人生…


全部完璧に理想通りにしようとするから、他人が許せなくて優しくできない。自分のことも「〜しなくちゃならない」って決めつけちゃって窮屈。そうかそうか、生きづらくしてたのは自分自身なのね。


すっきりさっぱりシンプルに生きるためには、まず完璧主義をやめてみるのがよいでしょう。ズバリそうでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村