60%生活

ひねくれ日記

自分の気持ちファーストで生きる

朝、マンションのエレベーターを待つ間から、私の気ぃ張りライフが始まっている。誰か乗ってきたらにこやかかつ適切なボリュームの声で挨拶をしなくちゃならない。狭い道を歩く時は、前だけじゃなく後ろからも人が来ていないか注意。




職場でお菓子を食べる時は、周りの様子をうかがってからにする。険しい顔でタイピングしてる人がいたら食べない。せんべいのボリボリがなるべく漏れないように、口の中でちょい濡らしてから噛む。トイレもなるべく人とかち合いたくないので、タイミングを計って席を立つ。帰る時はにこやかだけど労働から解放される嬉しさが漏れないように「お先に失礼します」と言う。




ここまででお気づきでしょうが、私は基本ビクビクしながら生きている。根底に人に怒られたくないという気持ちがあるのだ。怒られたくない一心でずっといい子でいた私…(長女です)今はさすがにいい子でいたいとは思わないけど、相変わらず怒られたくはない。




だけど、もうそろそろ自分の気持ちに従って生きてもいいんじゃなかろうか。気分が乗らない時ににこやかでいなくてもいいじゃない。職場でせんべいバリバリしたっていいじゃない。トイレに先客がいてもウンコブリブリすればいいじゃない!




今まで勝手に遠慮していたことをやってみよう。自分を大切にできるのは自分しかいない。そんなわけで、手始めに仏頂面で気を抜いて外を歩いてみている。いつか自然に自分を大切にできるようになりたい。と言いつつ、電車がホームに入ってくる時は突き飛ばされないか心配でちょっと後ろ体重にする私。自分を大切にする云々より、人のことを信用していないという。。エヘ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村