60%生活

ひねくれ日記

休日は暗いこと考えがち

台風が怖かった。窓にテープを貼ったり浴槽に水を溜めたりした後は、翌日の天気予報の晴れマークを見て心を落ち着かせた。台風は過ぎ去ることがわかってるから、期間限定の苦しみだと自分に言い聞かせた。テレビをつければ怖いことばかり言っていて気が滅入るので、youtubeをずっと見ていた。事の重大さをわかっていない子供の明るさに救われた。




もしかしたら死ぬかもしれないという状況で、死にたくない!という気持ちとまぁ仕方ないか…という気持ちが混ざりあっていた。もちろん痛い・怖い思いはしたくないというのはあるけど、若干仕方ないか…という諦めの気持ちが勝っていたように思う。




生に執着していない自分ってどうなんだろう。毎日全力で生きて、それでも次から次へとやりたいことが浮かんできて時間が足りない!と言っている人は、どうしても死にたくない!と思って必死に生き残る方法を考えるんじゃないか。私は、生き残る努力ができるのだろうか。ただ楽な道を選んで、あっけなく死んでしまうような気もする。




台風が過ぎ去り、あんなに望んだ晴れなのに気分はどんよりしていた。




なんでなんだろう。どれだけ無理しなくていい、ありのままでいい、頑張らなくていいと自分を認めようとしても、ずーっと「このままでいいのか?」という不安が消えない。命さえあればいいじゃん、とも思えない。せっかくの命を、私は無駄にしているんじゃないか。ちゃんと生きていないんじゃないか。自分を肯定できない限り、ちゃんと生きてるって胸張れない。で、自分を肯定するってどうやるの?の堂々巡り。もしかしたら死ぬまで「自分このままでいいっす!」とは言えないのかもしれない。




そんなことを考えた三連休。こんな調子だから、仕事と家事で頭が埋まっている平日の方が気楽だぁ…


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村