60%生活

ひねくれ日記

奨学金を何としても今年中に返済したいオバハンの奮闘

奨学金の完済を目指して、コツコツと繰上げ返済をしている。


これまで15年間、毎月欠かさず21880円が私の口座から引き落とされていた。


病める時も健やかなる時も、フリーターの時も無職の時も、別れた彼の家のポストに合鍵を返して泣きながら駅まで歩いた時も、好きな人が別の人と結婚するとわかった時も、苦労して別れた男と結局セ○レになってしまった時も、頭の片隅にはいつも21880円があった。


そんな日々を15年も過ごした今年の6月に「借金をなくしたい…あたい身軽になりたい」と思い立った。あと5年で完済というこのタイミングで。世間が「奨学金は借金ですよ」と煽るからである(なんか急にそんな風潮になりましたよね?)


そこから怒涛の繰上げ返済が繰り広げられた。手持ちの現金をかき集めたり、定期預金を解約したりして、90万円ほど返済した。返済の手立てを考える私の目はつり目だった。


今日時点での奨学金の残金は50万円ほど。…ここまできたら何としても今年中に返しちゃいたい。


いっそ子供手当貯金に手をつけるか?いや、それは人としてダメなことよと私の中の聖母マリアが言っている。ここは最後の砦・つみたてNISA売却っきゃない…なぜ「つみたて」は平仮名なのかしら…


というわけで、11月・12月の給料と、細々続けていたつみたてNISAの売却分を足して50万円。長かった奨学金人生が今年終わりを迎える(予定)


これで本当に貯金がすっからかんなので、旦那に離婚を突きつけられないことを祈るばかり。あと、我が子には無理して大学行くなと心からつり目で伝えたい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村