60%生活

ひねくれ日記

オバハンは今日も快適を探って生きている

自分が望んでいるものは何なのか、どうするのが心地良いのかを考えるようにしている。


例えば化粧。私は元から化粧をすることに消極的な方である。アイラインを引けば目薬をさした時に滲まないかを気にしなきゃいけないし、口紅は歯につかないか気にしなきゃいけないし、ファンデーションも服につかないか気にしなきゃいけない。


ただでさえ他人の目が気になりやすいタチなので、自分の顔面を気にする隙がない。それに、顔にアレコレ付着している状態が煩わしいのだ。


あと、本気で化粧すればキレイという可能性を残しておきたい(大真面目)


最近は秒で唇が乾燥するので、色付きリップすらやめてメンタームを塗り塗りしている。気分は最高。オバハンだけど。


あとは服の話。ずっと黒白のボーダーカットソーを持っていたのだけど、ある日クローゼットに吊るしてあるボーダーを見て、なんか嫌だなと思ってしまった。他は無地の服しかなく、ボーダーが変に浮いて見えたのである。


でも着たら可愛いんだよなーとしばらく持っていたのだけど、やっぱり気になって捨ててしまった。そしたら気分爽快だった。


ボーダーを着たい気持ちより、スッキリとしたクローゼットを手に入れた喜びの方が優っていたのだ。私はこれからも、スッキリクローゼットのために無彩色の服しか買わない予定。アリとキリギリスなら間違いなくアリ(本文と関係ありません)


歯医者さんに、歯ぎしりがひどくてこのままじゃ歯が割れますよと言われて作ったマウスピースも、朝起きた時にあごがだるくなるので使っていない。


歯はいつか割れてしまうかもしれない。しかし、今の私は朝の快適なあごライフの方を取った。ただそれだけの話だ。


将来この選択を後悔する日が来るかもしれない。でも自分で納得して選んだ道だから仕方ないって、思える気がするの…だからマウスピース、枕元から見守っててね。(ボーダーのあるクローゼットは気になるくせに、枕元にマウスピースは気にならない感性の持ち主)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村