60%生活

ひねくれ日記

休日をうまく過ごせない

つくづく自分は受け身な人間なのだと思う。今は週5でパートに行っているけど、以前は週2しか働いていなかった。残りは家で仕事をしていたのだけど、思えばその頃は思い悩んでいた。


将来お金は足りるのか、旦那を本当に愛しているのか、子供は友達とうまくやれているのか、もしかして私は重病にかかっているんじゃないだろうか、この部屋に盗聴器が仕込まれているんじゃないか…などなど。


理由は、腐るほど時間があったせいだ。家にひとりでいる時間を至福の時間だと思っていたけど、至福の時間は同時に余計な心配事をもたらすらしい。


思い切って(というかお金が欲しくて)毎日外で働くようにしたら、悩みグセは改善した。与えられたタスク(仕事とか家事とか)を嫌々ながらでもこなしていく方が、よほど健康的な生活ができる。受け身の性に合っているのだ。自由を与えられて、やりたいようにやりなさいと言われてもアワアワしてしまう。


前置きが長くなったけど、だから休日は苦手なのだ。


行くべき職場がない。家事はいくらでも手を抜ける。やるもサボるも自分次第で、自由だから受け身に優しくない。


行きたい場所なんかない、会いたい人もいない。子供と出かけるのもせいぜい近所の公園くらいだし、自分の行動力のなさをひしひしと感じて気持ちが沈んでいく。そして日も沈んでいく。


この週末は天気が悪かったからまだいい。ピカピカに晴れた休日なんて、倍速で気持ちが沈んでいく。世界から「表出ろやこのダメ人間が」と言われているようで。


別に堂々と引きこもってダラダラすればいいのだろうけど、まだそこまでの境地に達していない。というかダラダラももはや本当にやりたいことなのかわからない。だけど他にやりたいことはない。迷宮に迷い込む受け身…四面楚歌の受け身…


家にいたい…こたつから出たくない…料理も子供の相手もなーんもしたくない…たとえネガティブなことを考えてしまうとしても。この怠惰な気持ちを肯定してくれる世界はありますか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村